印鑑登録について学ぼう | 印鑑を初めて作るあなたへの耳寄り情報

印鑑を初めて作るあなたへの耳寄り情報
Home » 印鑑を初めて作る » 印鑑登録について学ぼう
印鑑を初めて作る | 06月29日更新

印鑑登録について学ぼう

印鑑登録とはなんのことでしょう?
実は、自分が実印用に作ったハンコは、印鑑登録しなくては実印としての効力はありません。
印鑑登録とは、自分が実印として作ったハンコを住んでいる各自治体の役所に届け出をして印鑑登録し、カードなどを発行してもらって初めて実印が出来上がるのです。
印鑑登録=実印登録と考えるとわかりやすいかもしれません。

印鑑登録は、15歳以上の人が1本だけ登録できるものです。
何か重要な契約が必要になって初めて登録する人もいますが、成人の記念や引っ越しや結婚のタイミングなど節目に登録する事もあるようです。

また、外国の方は外国人登録をしていれば登録する事が出来ます。
印鑑登録されたハンコは、不動産取引や家の購入、公正証書の作成、車の売買、遺産相続など重要な取引や契約の際に使用されます。
すなわち、お金に関わる手続きで金額の大きいものや、本人であることの証明が必要になる場合、本人の意思による手続きであることを証明する必要がある場合に印鑑証明書(実印)が必要になってくるのです。

もちろん、既に他人は登録したハンコでは登録できません。
印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるものは小さすぎ、又は一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないものは大きすぎで登録できません。
また、ゴム印や変形しやすいものも登録することが出来ません。

印鑑登録の細かな決まりは、各役所によって少々違ってきます。
印章のサイズだったり、フルネームのハンコに限られたりしますので、登録するたびに確認が必要です。
また、印鑑登録をしていて引っ越した場合、今までしていた印鑑登録は自動廃止になり、引っ越し先で新たに印鑑登録しなくてはなりません。
もし同一市区町村であれば、特に手続きは不要です。
発行に関しては、本人の身分証明書などがあれば当日発行してくれますが、代理人が申請した場合は、委任状が必要になったり登録に数日かかったりします。

top